三島市内在住の大学生が注文住宅を買う長所と短所

subpage01

三島市内在住の大学生が注文住宅を買うと、家族と地域の人々が大変驚く、大学で噂で持ち切りになるなどの長所が存在します。

業者に注文住宅の購入依頼したことを三島市内で家族に報告すると、最初は嘘だと考えて信じてくれないと想定されます。
購入したことを示す書類を見せると、冗談だと考えて笑っていた家族の顔が、徐々に驚きに変化するので面白いかもしれません。


そして、資金の出所について大声で質問してくる可能性が高いです。

隣りの家がすぐ近くだった場合は、その声を聞いて隣人が見にくるはずです。注文住宅を購入した資金は、携帯電話の株取引で大成功したと教えれば納得してくれます。

ただ、それをこっそりと隣人が聞いていた際は、事あるごとに投資の話を持ちかけてくるため注意です。
適当にあしらうことも可能ですが、東証1部上場の優良銘柄の話をしておくと、今後の人間関係維持に役立ちます。


あと、大学に行くと一躍英雄のように扱われます。



珍事なのでしばらくの間はそのことで持ち切りとなり、噂話として大学内に広まります。短所は三島市のどこに家を建てればいいのかわかりにくい、お金が必要などです。家の近くに建てると家族関係の維持につながります。



2世代住宅として注文住宅を購入した時は、家族と一緒にその家で暮らすことも可能です。


呼び寄せる時に親に泣かれることがありますが、嬉し涙なので放置しても問題ありません。あと、それなりに費用がかかりますが、補助金を申請しておくと幾分楽になります。